*

食育講座〜白ワインの美味しい飲み方

ワインは、体内の抗酸化作用など、健康効果があると言われています。白ワインは、悪玉菌が増えるのを防ぎ、美容や健康に良いです。今回は、白ワインの美味しい飲み方について、ささやかなアドバイスを紹介したいと思います。 通常、白ワインやシャンパンは、冷やして飲むのが美味しいとされています。5℃から13℃前後が最適です。冷蔵庫で、2時間程冷やすのが目安です。冷やしすぎると、白ワインの風味や香りが損なわれます。冷たすぎると感じた場合は、冷蔵庫から出して、15分程冷やしておくと良いです。 市場に出回っているワインは、購入後、すぐに飲めるワインです。ワインを長期熟成させる必要はありません。また、長期保存できる白ワインは、少ないです。ワインセラーに貯蔵できるワインを購入したい方は、店員の方に相談すると良いです。 ワインは、栓を空けた日に、飲むと良いです。飲み残しが合った場合は、栓をして冷蔵庫で保存します。味が落ち、香りが飛びますが、3日間から5日間は、ある程度美味しく飲むことができます。その間に、料理に使うのもおすすめです。 ワインのコルクをボトルの中に落としてしまうことがありますが、気にすることはありません。コルクがワインの味に、影響することはありません。気になる方は、ボトルからコルクを取り出す「コルクリフト」を購入すると良いです。 ワインが傷んでいるかどうかは、味と香りで判断します。ワインが酸化していたり、コルクの臭いがするのは、傷みが進んでいます。また、酸化して傷んだワインは、色が茶色になります。 白ワインと、ぶどうやピーチなどの果汁のジュースを混ぜると、飲みやすくなります。ワインとジュースを、1対1の割合で混ぜると、まったりとした口当たりが楽しめます。 「ポリフェノール」は動脈硬化などの原因となる活性酵素を抑える効果があります。一般的に、赤ワインに多く含まれているとされていますが、白ワインに含まれている量を毎日飲むと、健康効果が期待できます。 白ワインを飲む際、今回紹介させていただいたアドバイスを参考にしていただければ幸いです。 久里浜で美容室、美容院をお探しの方へ



コメントする