*

一戸建ての売却を自力で行う人以外は

一戸建ての売却を自力で行う人以外は、不動産業者に対して仲介手数料を支払う必要があります。仲介手数料は、売買価格の3.24パーセントに64800円を足した額が上限と法律によって規定されているため、もし売買価格の予測が立っているのであればおおよその額を計算することができます。ただし、不動産業者自身が買い取るケースでは、仲介手数料は免除されます。それに、所有権移転登記の際に発生する費用は買い手側が支払うことになっているのです。市場に出ている物件に実際に立ち入って中を見ることができるというのがモデルハウスと異なるオープンハウスの特徴です。中古物件でまだ退去が済んでいない場合は住人の持ち物がそのままになっていますが、そのため「もし自分が住んだら」という想像も広がるでしょう。さらに、家の付近も同時にぶらついてみれば、場所柄どんなお店を利用できるかという風な普段の暮らしぶりも知ることができるでしょう。利益が生じた不動産売却については、ひょっとすると譲渡所得税の支払いが必要かもしれません。売った不動産の所有期間が5年より長い場合の譲渡所得税は、15%の所得税と5%の住民税が賦課されます。5年以下の場合は、短期の所有で2倍の税率で納めます。納付時期は、所得税は売却の翌年2月16日から3月15日の間に一括納付し、一方、住民税は四半期ごとの納付に分かれています。巨額の取り引きともなりうる不動産売却では、経費もそこそこにかさみます。例えば不動産業者への仲介手数料も高い売却額が得られればその分高額になるものですし、売却によって利益を得た場合は譲渡所得税を納めなければならないこともあるのです。取引書類を作成するのにかかるコストや印紙代もかかってくるでしょう。加えて、自分の住居になっている物件を売却するならば、引っ越し費用も考慮しておかなければいけません。一つの物件に対して不動産会社ごとに査定額に差が生まれるのはどうしてだと思いますか。それというのも、一つ一つの不動産会社ごとに売買経験やノウハウの違いがあるほか、重視する査定ポイントも違う中で最終的な査定額を決めているからです。ですから、査定を依頼するのなら、可能な限り多くの会社から査定を受け取れるように手配しておきましょう。イエウールの一括査定



コメントする