*

自力で借金を返済するなら

新聞の折込広告、ゴシップ紙、電信柱にある宣伝やDMで「負債の整理整頓やります」「多重債務を統合したくありませんか」というような広告を閲覧することがしばしばです。

「整頓屋」「買取業者」「紹介者」と呼ばれる業者のだまし広告のときがあります。

このようなものを使用した場合では自己破産フローの中で最も大切な免責決定を受けられない危険性もありえます。

「整頓屋」の場合は借金のある人を引きつけ、サービス料を要求して負債整理を行いますが、現実には整理はされず、もっと負債スパイラルにはまってしまうときが大方になります。

「買取業者」の場合債務人の分割払いで家電、何らかのチケットなどを山ほど買わせて、借金者からこれらの品目を値段の20%や半値で受け取るというやり口が知られています。

借金者はそのときはキャッシュが手に入れられますが、少しすればクレジット業者経由の品物の売値の催促が送られてきて、実際は借金額を悪化させる結末になります。

このケースだとクレジット会社へ犯罪行為として免責許諾をもらえません。

「つなぎ屋」は著名なサラ金から借りられなくなった借金者へ直接的な資金提供は一切せずに、融資を可能である違う同業者を知らせて、高額な経費をもらう業者です。

紹介業者は専門的な苦労でお金を貸し出し可能になったかのように会話しますが、現実には何もしないままただ単に審議の通りやすい企業を説明しているだけです。

この場合でも結局のところ負債額をアップさせることとなります。


コメントする